So-net無料ブログ作成
検索選択

ツイッターに警戒示す陣営も(産経新聞)

【ネット選挙〜現場報告】愛媛

 立候補を予定する4氏のうち3陣営が、ネット選挙が解禁になればブログ更新の意思を表明するなど、ネット戦略には意欲的だ。

 4月に出馬表明したばかりの民主党新人、岡平知子氏の陣営は「準備が不十分なので今後充実させていきたい」と話すが、横山博幸県連幹事長がミニブログ「ツイッター」のマニュアル本を熟読するなど、新ツールに関心を寄せている。

 自民党現職、山本順三氏の陣営も「HP上で活動報告とブログ更新を続けていきたい」とネットを駆使する方針。4月からはソーシャル・ネットワーキング・サービスからブログ閲覧を可能にした。若者世代との交流が目的で「コメントは多く寄せられており、手応えはまあまあ」(担当者)だという。ツイッターについては「なりすましの可能性もあり、公式的にやるつもりはない」と話す。

 共産党の新人、田中克彦氏の陣営は「積極的にブログ更新を続ける」としているが、一方で、無所属新人の郡昭浩氏のように「インターネットを使うことができない」と一定の距離を置く陣営もある。

【関連記事】
街頭演説も動画で紹介 高齢化の進む選挙区で変化
新潟では「角栄流」健在? ネットに頼らず基本はどぶ板
新人「つぶやき」「動画」駆使 民主現職はネット利用に懐疑的 兵庫
ネット生放送、チャット…選挙激戦区の県南勢に圧倒的支持 茨城
難題はツイッター更新の時間確保か 香川の自民新人ら活用

<菅首相>郵政改革法案の早期成立を亀井担当相と確認(毎日新聞)
<WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
国会閉会は選挙目当て? 枝野民主幹事長「げすの勘ぐり」(産経新聞)
菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
長妻氏 子ども手当「満額支給非常に難しい」(産経新聞)

口蹄疫の侵入許さぬ 東北の畜産関係者、対策着々と(河北新報)

 宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、畜産が盛んな東北の畜産関係者も警戒を強めている。各県は対策会議を開き、農場などの衛生管理の強化を確認。感染防止のため、動物と触れ合うイベントが各地で中止になった。関係者は防疫とともに、今後の風評被害にも神経をとがらせている。

 東北では、宮崎県内で口蹄疫が急速に拡大した5月中旬以降、山形を除く5県が畜産関係団体や獣医師会、市町村の担当者らによる会議で対策を協議した。山形県も31日に連絡調整会議を開く。
 口蹄疫のウイルスは感染力が強く、人間や車両などが媒介する可能性がある。各県の対応は農場内での消毒徹底など水際対策が柱だ。
 岩手、秋田福島3県は、消毒薬を県内の全畜産農家に配ることを決めた。6月上旬までに配布を始める。山形県は全農県本部と協力し、消石灰を無償で配る。
 農家や家畜が集まったり、不特定多数が家畜と接触したりする催しも、感染リスクが高まるため、回避されている。
 6月と7月に南陽、山形両市で予定されていた乳牛の品評会、ホルスタイン共進会が「農家同士の接触をできるだけ避けたい」として中止された。秋田県内でも、7月に開かれる予定の2カ所の畜産共進会を実施するかどうか検討されている。
 久慈市山形町では、東北唯一の闘牛大会として知られる6月13日の「平庭闘牛大会」の開催が見送られた。いわて平庭高原闘牛会の松坂義雄会長は「畜産が盛んな地域で、感染拡大を不安視する農家に配慮しなければならない」と説明した。
 警戒が必要なのはヤギやヒツジなども同じ。青森県階上町で6月に行う「臥牛山(がぎゅうさん)まつり」では、一般の市民がヒツジと触れ合うイベントを取りやめた。
 生産者や畜産関係者は感染とともに、風評を心配する。感染拡大が、宮崎県産に限らず、牛肉や豚肉など肉全体の買い控えにつながる懸念がある。
 山形県内の養豚関係者は「推移を見守るしかない」と風評被害への不安をにじませた。


母の心音 安心響け 子供の未来に残したい オーダーメードCD人気(産経新聞)
北日本太平洋側、警戒続く=大雨や大しけの恐れ―気象庁(時事通信)
赤切符誤処理「ボーナス減額」名ばかり…山梨(読売新聞)
対処方針署名せず=閣僚辞任を否定―福島党首(時事通信)
<普天間>首相「理解に努力する」 社民党の閣議署名拒否(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。